ツボで髪の毛を健康にできる?

ツボというのは体全体に存在しますが、発毛や育毛に効果的だというツボも見られます。大部分は頭の周辺にあり、頭頂部にある百会というツボがひとつの例で、血行を促し抜け毛を防止する働きがあります。あまりに強い力でツボが押されると逆に頭皮がダメージを受けてしまいます。気持ちよさを感じつつ若干の痛みもあるという力加減で、回数は1箇所につき3回から4回程度がおすすめです。タバコを吸うと肺などの呼吸器官に害となる上、育毛の面でもマイナス要因となります。喫煙すると取り込まれるニコチンが作用するとアドレナリンが分泌されます。アドレナリンの分泌で興奮状態が引き起こされると、血管の収縮が起こります。すると血液循環が悪くなり不十分な量の血液しか頭皮に届かず、抜け毛を誘発するためです。例を挙げるとハーグ治療や育毛メソセラピーなど頭皮に育毛成分を直接注射するという育毛の治療法が存在します。経口で薬を取り入れる場合よりも有効成分がストレートに頭皮に達することから、優れた治療法として知られています。医療行為である注射が必要なので、育毛サロンでは受け付けておらず、この治療を希望する時はクリニックに行かなければなりません。多数の栄養素を卵は持っていますが、髪の毛に良い影響を与える成分も入っています。黄身が多く含んでいるビオチンには健康な髪の毛が育つのに必要なアミノ酸の活動を活発にさせる効果があるので、育毛にはうってつけの食品と言うことができます。けれども、熱を通さずに食べた場合は白身に含まれているアビシンとビオチンが複合体を形成し、ビオチンが体内に取り込まれなくなるので、注意を払っておきましょう。いずれ変わる可能性はあるものの、現在は厚生労働省が定めているとおり、発毛、育毛の治療には健康保険が適用されず、治療費は全額自己負担です。どんな方法であれ、育毛治療をするにはそこそこのまとまった時間が必要になり、それ相応の費用を覚悟してクリニックの治療に臨まなければなりません。ただ、ひとまず支払いをしてからということにはなりますが、医療費控除申請を年に一度の確定申告時に行えば一部を取り戻せる場合があります。アメリカでFDA認可が出されていることをはじめとし、低出力レーザーの育毛効果はあちこちの国で評価を得ています。体内の細胞の活性化を促したり血行を良くする働きがあり、その実績は育毛以外の治療でも明らかになっています。日本でも取り扱いを始めるクリニックが珍しくなくなってきましたし、業務用に比べると威力が低めの低出力レーザー育毛器も家庭用に販売されています。今現在ある髪の毛を健やかにしっかりと育てていくのを育毛といい、毛母細胞の働きを活発にさせて現在毛がない状態の毛穴から再度髪が生えるように促すのが発毛です。養毛というのは育毛に近い意味合いで使う言葉であり、現在生えている髪の毛を維持するケアをいう時に使う言葉です。育毛、養毛、発毛と言葉自体は似ていますけど、そうなった原因やこれらへの対処の仕方は異なりますから、各々の症状に相応しい治療方針を選んでいくことが重要になるでしょう。とても優れた保湿効果があるヒアルロン酸には、乾燥しがちな頭皮の保水力も増進させる効果が望めるために、育毛剤に入っていることも多い物質です。頭皮が適量の水分で満たされていることによって顔の皮膚と同様に、頭の皮膚、つまり、頭皮の角質もよくなって、髪の毛が瑞々しくなります。その上、血行促進効果もヒアルロン酸は持っている事が研究によって分かってきたのです。ヒアルロン酸は育毛に大変役に立つ成分なのですね。あの手この手でケアするよりも、何もケアしない方がむしろ育毛に良いのではないかと言う人もいるのです。特別な頭皮ケアをしなくても、日々行うシャンプー方法を改善するだけでも頭の皮膚の状態がより良くなることもあるからです。人工的に合成した界面活性剤を一切使わない自然由来のシャンプーを使ったり、お湯のみで洗髪を終了させる湯シャンを積極的に取り入れようとする人達もいるのです。髪や頭皮に優しい印象があるノンシリコンシャンプーですが、頭皮や髪の毛に影響しているのは実はシリコンそのものではなかったのです。洗浄成分として配合されたものが強力なシャンプーはそれが持つ強さゆえに髪の毛がガサガサになりやすいのです。そこで、ゴワつきを緩和するためにシリコン成分を使用しているのですね。育毛が目的でシャンプーを選ぶ場合にはシリコン入りかそうでないかの違いよりも、使われている洗浄成分は何であるかに注目してください。ぱさつく髪 シャンプー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする